各保険会社が色々な自動車保険を出しています。

 最近、各保険会社が色々な自動車保険を出しています。多彩な内容で選ぶのに困ってしまいます。そこで、各保険会社の自動車保険の内容を調べて比較してみましたので、選ぶときの参考にしてください。本当に、自動車保険の選択は難しいことです。このブログを役立ててください。

スポンサードリンク

自動車保険選びの基礎

自動車保険に限らず、保険というものは、沢山の商品が日々登場していますので、どの商品を選んで良いのか、どの会社を選べば良いのかなど難しいものです。
 そこで、自動車保険に加入しようとしている時は、自動車保険の様々な会社の商品の比較が重要になります。

 自動車保険を比較することによって、自動車保険の保険料は確実に安くなってきます。
最近では、自動車保険の比較はインターネットを使用することにより、簡単に行う事ができます。
車検証などを目の前に置いて、簡単な入力をするだけで自動車保険の比較を行う事も可能です。
 自動車保険の比較のポイントは、自動車保険の保険料の違いや、各種の割引制度はもちろん、保障の保障内容(基本保障や特約、車両保険等)をしっかりと見ることです。
また、自動車保険では、事故にあった場合などのサービスやフォロー、無料ロードサービスが付いているのかなども重要となります。
 自動車保険の比較をする時には、これだけは譲れないという保障の優先順位を決めることが大事です。。
 又、比較的安い保険会社もありますので、安い保険会社を選べば自動車保険の保険料も安くなるということもあります。

東京海上の自動車保険

自動車保険の見直しや新規加入などを考えているなら、東京海上の自動車保険が推薦します。
 東京海上の自動車保険は、家庭用総合自動車保険となっていて、『トータルアシスト』という名称が付いています。
このトータルアシストという東京海上の自動車保険のモットーは、「事故の防止から事故後のケアまで」ということです。」
 この東京海上の自動車保険、トータルアシストは主な自家用車をご利用の個人のお客様専用の商品となっています。
そして、東京海上の自動車保険は万が一の事故やトラブルの際に安心なのはもちろん、
東京海上の自動車保険は、万が一の事故やトラブルを未然に防ぐための情報も発信してくれるとのことです。

 万が一、事故や故障などのトラブルがあった場合、東京海上の自動車保険のロードアシストは24時間365日、フリーダイヤルで対応します。
 自走が不能となった場合のレッカー移動は、JAF会員であれば距離の制限がありません。
また、道路上や自宅駐車場でトラブルが起きた場合には、東京海上の自動車保険であれば、30分程度で対応可能な修理ならば、緊急修理もしてくれます。
また、道路上で燃料切れでガス欠となってしまった場合には、1年に1回までの利用であれば、東京海上の自動車保険であれば、現場に急行して、ガソリンを10リットル届けてくれるそうです。

ソニー損保の自動車保険

 自動車保険を新規にお探しの人で、年間走行距離が短い人はソニー損保の自動車保険を是非、考慮してください。
ソニー損保の自動車保険は、特に年間走行が11000キロ以下の人ならば絶対にお得な内容になっています。

 ソニー損保の自動車保険が、数多くある自動車保険の中で選ばれる3つの理由というものが存在します。
 まず、一つ目に「保険料は走る分だけなのでお得」というのがあります。ソニー損保の自動車保険は、1年間に走る分だけ支払いをすればよい、という合理的な自動車保険なのです。
 二つ目に、「ソニー損保の自動車保険はロードサービスが充実している」というのがあります。レッカー車は20kmまで無料なので、事故だけではなく、故障の時にもソニー損保の自動車保険はとても安心できます。
 三つ目に「安心の事故対応」というのがあります。ソニー損保の自動車保険なら、補償もサービスもしっかりしているので、納得がいくまで丁寧な対応をしてもらえるのです。
また、ソニー損保の自動車保険が気になっているのなら、是非公式サイトで見積りをしてみてください。インターネットからであれば、最大3000円がオフになります。是非、御一考をしてください。

損保ジャパンの自動車保険

損保ジャパンの自動車保険は『One-do』という名前の自動車保険です。「えらぶ」ではなく「つくる」をモットーにした自動車保険、損保ジャパンの自動車保険。
損保ジャパンの自動車保険は、ニーズ細分型の自動車保険で『One-do』という名前の自動車保険となっています。
この損保ジャパンの自動車保険『One-do』は、業界初の新しい契約プロセスを持つ自動車保険です。「保険をもっと便利に、もっと身近に」をコンセプトにできた自動車保険です。
各人のニーズに合わせて自動車保険を「えらぶ」のではなく「つくる」。これが損保ジャパンの自動車保険のコンセプトです。

 損保ジャパンの自動車保険『One-do』の契約手続きは、完全なキャッシュレスとなっていて、とても便利なものです。保険料は保険始期の翌月に口座から引き落とされることとなるため、自動車保険の契約時に現金は不要となります。
 
 損保ジャパンの自動車保険『One-do』の補償内容は、各人のニーズに対応ができる
補償内容を可能とした「ニーズ細分型補償」です。
損保ジャパンの自動車保険の主な補償内容は「対人・対物賠償保険」「人身傷害補償保」「車両保険」「事故・故障代車費用保険」の他に、「人身介護パック」「弁護士費用特約」「他車運転危険担保特約」なども損保ジャパンの自動車保険の補償内容です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。